乳酸菌で美肌づくり

乳酸菌で美肌づくり

乳酸菌はその名前を聞いたことをない方はいないというくらい私たちになじみのあるものです。
乳酸菌は排便をよくしてくれることなどで有名ですが、そのほかにも風邪、インフルエンザの予防や胃潰瘍、胃がんの原因となるピロリ菌と戦ってくれる効果もあります。
また最近では花粉症の症状改善にも有効とも言われるようになりますます目が離せない乳酸菌なのです。

 

乳酸菌が健康によいことはみなさんご存知かもしれませんが、では美肌にも欠かせないというのはご存知でしたか?
今日は乳酸菌と美肌について解説したいと思います。

 

・乳酸菌と美肌?キーワードは腸内環境

乳酸菌と美肌の関係を読み解くには腸内環境がカギとなります。
そもそも人間の体には、600〜1000兆個ともいわれる腸内細菌がいます。重さで言うと1Kgにもなるというので驚きです。その中には人間の見方である「善玉菌」、有害な「悪玉菌」、そのときの状況によって優勢なほうの見方をする「日和見菌」の3種類がいるのですが、この善玉菌と悪玉菌のバランスが取れているときは問題ありません。

 

困るのは悪玉菌が優勢になっていうときです。
悪玉菌が増えすぎると、「腐敗」が促進されます。悪玉菌によって生み出された有害物質は腸管から吸収されると全身に運ばれ、皮膚においては吹き出物や肌荒れの原因となるのです。

 

・乳酸菌による便秘改善と美肌

乳酸菌が便通をよくしてくれるというのは先ほども少しふれましたね。便秘になると、体内から老廃物が排出されない状態になります。老廃物が蓄積されると人間の体は皮膚からも老廃物を体外へ押し出そうとし始めます。そうなると肌細胞は悪いものを追い出すことに忙しく、本来の仕事である肌の新陳代謝を行えなくなり、肌荒れがおこるということなのです。美肌のためにも乳酸菌の力で便秘を予防、改善し老廃物を体にためないようにしましょう

 

・腸内環境の改善と肌作り

腸は胃などの各消化器官で消化した栄養素を吸収する器官でもあります。人間の皮膚をつくるには主にたんぱく質、ビタミンC,鉄が必要ですが、腸内環境が乱れていると肌作りに必要な栄養素を体内へ取り込むことが出来ないのです。そうなればいくら食事やサプリメントで美肌によいとされっる栄養を摂取しても水の泡。
肌作りの材料を体に取り入れるためにも乳酸菌などを積極的にとり、腸内環境を整えるよう心がけたいですね。

 

健康維持だけでなく、美容にもよい効果が期待できる乳酸菌。
食べ物で言えばヨーグルトやナチュラルチーズなどはもちろん、
お味噌、漬物、キムチ、納豆などの発酵食品に多く含まれています。
これらの食物を摂取し、腸内環境を整え、内側から輝く美肌を手に入れましょう。